澤村信哉氏の考える仮想通貨の未来

澤村信哉氏の考える仮想通貨の未来

投資という分野における第一人者と言えば澤村信哉氏ではないでしょうか。特にその中でも仮想通貨というジャンルに対して非常に御世話になっているのも澤村信哉氏です。
仮想通貨は2017年に広く周知された事によって私たち一派人も手を出しやすいモノとして人気があります。

比較的少額からの購入が可能で利便性も高い事から一気にその知名度が上昇した仮想通貨も今はあまりニュースで見かける事は無くなってきました。
しかし、澤村信哉氏は仮想通貨の可能性や今後の未来予想図を既に頭の中に完成させています。

今回は澤村信哉氏が考える仮想通貨の将来性やその未来における発展や私たちの生活にどうかかわってくるかについて紹介していきます。

仮想通貨の現状

仮想通貨の現状

現在仮想通貨に関する風当たりは今は厳しいです。理由は色々あります。仮想通貨に対する規制が厳しくなった、不正流出が起こり取引所から仮想通貨が盗まれた、リスクがメディアによって広められた。
そう行ったことによって仮想通貨が危険だ、リスクがあるので手は出さない方が良いという意見に流される人が増えています。

しかし、仮想通貨自体は悪くないです。むしろブロックチェーンの仕組みはレジェンド級の銀行マンでさえ「興味がある」と感じる程の凄いものです。
ただ、仮想通貨はそれを扱う取引所や人間が不完全な事によって発生する事件が多いんです。それによって仮想通貨の現状は冷え切ったように見えています。

どうして今も仮想通貨が期待されているのか?

今も仮想通貨が期待されているのか?

先ほどの章で仮想通貨自体が悪いわけでは無く、不完全なシステムや状態を作った人間の不完全さが招いた状態であるだけなんです。
つまり言いかえれば今後技術が発達して行くことさえ出来るなら、仮想通貨自体は発展していく可能性が非常に高いんです。

仮想通貨は円やドルとは違います。国が管理する通貨ではなく開発者が独自に作り上げた通貨を販売しているので仮想通貨がつくられた当初、中央集権的な力が及ばないから国の景気によって通貨の価値が変動しない。
つまりは安定した価値を保て安い等の理由から投資家が注目したと言われています。しかし、現在は政府が介入してきたのでこの利点は薄れてきています。

それ以外にも仮想通貨には期待されている分野がいくつかあります。

事実、ブロックチェーンの仕組みは非常に期待が持てます。医療、福祉、教育、政治、金融等の分野での活躍が期待されています。
このように仮想通貨はその仕組みも含めて色々な分野への応用がきくという点においても注目度が高いんです。

これからも仮想通貨で儲ける事は出来るのか?

これからも仮想通貨で儲ける事は出来るのか?

投資家達や仮想通貨業界の人間は2017年のような仮想通貨バブルがもう一度来ると予言しています。
このサイトでもたびたび登場する澤村信哉氏も「仮想通貨がもう一度盛り上がる時期が来るだろう」と話しています。

仮想通貨でこれから儲ける事が出来る可能性が高い理由はいくつかあります。その代表的な理由を複数あげてみましょう。

  • 仮想通貨を支えるブロックチェーンの仕組みは応用の幅が利く
  • 仮想通貨の利用を進める動きが世界各国で進められている
  • 2020年東京オリンピックを気に展開していくという見方が強い

長くなるので今回はこの3つだけについて紹介します。

まず、仮想通貨はその仕組みを支えているブロックチェーンは広い分野への可能性を秘めています。これについては少しずつ触れながら紹介してきました。
発展していけば様々なプラットフォームにブロックチェーンを組み込む事も可能です。仮想通貨はそもそも送金に便利だったり、送金そのものにかかる手数料も安かったりします。

しかも、スピーディーで誰にでも送る事が出来ますので災害などの支援金集め、集金、送金にとても便利です。
日本は他の国と比べても災害が多い国です。さらにブロックチェーンの仕組みが発展すれば被災地でけが人が出た際に早急に過去の病気や治療データ等の情報を見る事が出来るようになりスピーディーな対応が出来ます。

いくつかの国の仮想通貨事情や取り組み

仮想通貨に関する取り組みが世界各国に広がっています。いくつかの国の仮想通貨事情や取り組み、姿勢について紹介していきます。

イギリス
イギリス

イギリスの銀行では決済等の効率化、公的に資金を配給し追跡する方法として仮想通貨に利用されているブロックチェーン記述に基づくデジタルな通貨の発行を検討しているんです。

サウジアラビア
サウジアラビア

サウジアラビアの中央銀行はアメリカの仮想通貨であるRippleとの契約を結んでいます。
実はサウジアラビアはこのRippleの技術を使った支払いが可能なように支援しているのです。

イラン
イラン

イランの政府は仮想通貨であるビットコインを取り入れようとしています。
しかし中央銀行は仮想通貨を公式通貨として認定していないです。

まだまだ、途中ではありますが政府は地方の州でも開発努力をしているようです。

スイス
スイス

スイスではICO案件があまりにも増えた事もあってガイドラインを発表するようになりおました。

マレーシア
マレーシア

仮想通貨を頭からダメだと決めるけることなく市場の判断に委ねるとし、より透明せ性を高める事で国民が投資するべきか否かを判断できるとしています。

シンガポール
シンガポール

シンガポールはブロックチェーンを高く評価し、シンガポール航空は導入を発表しています。

オーストラリア
オーストラリア

オーストラリアではブロックチェーンの技術を公立研究大学のオンラインコースとして開設されています。
規制の必要性も認めつつその技術に高い関心と興味を持っていることがうかがえます。

アメリカ
アメリカ

規制や厳しい姿勢もみられますが、国としては仮想通貨全般を前向きな見方で観ていると言えます。

中国
中国

中国は仮想通貨に関して厳しい規制を設けています。
このように仮想通貨に関する動きは世界的に広がっています。仮想通貨に関しては前向きな動きが多くみられる事もありこれからも稼げるポテンシャルを十分に持っています。

澤村信哉氏の仮想通貨未来予想図

仮想通貨未来予想図

澤村信哉氏は仮想通貨の可能性や未来に関しては上の図のように広がっていくと話していました。
これは澤村信哉氏が考える構想のほんの一部です。ここから色々な方向に枝分かれし様々な分野への発展や応用が期待されています。

仮想通貨はもう過去のものであると認識している人もいるようですがそうではありません。
実際に国や企業レベルで政策も進められています。しかしその一方で仮想通貨を使った詐欺まがいの行為が増えている事が問題になっています。

今やICO案件に関する詐欺のニュースは連日ネット等に上がってきます。仮想通貨事態というよりかはそれを利用する人に注意が必要です。
澤村信哉氏も怪しい仮想通貨に関しては注意喚起しています。期待値が高い仮想通貨は今後私たちの生活をどのように変化させるのか、注目していきたいところです。