円安の風潮はバイナリーオプションでも強い武器に

バイナリーオプションは簡単な取引手順なのに連続して予想が当たればすぐにお金持ちの仲間入りを果たすこともできそうだという魅力があるから、私もお金持ちとは言わないまでもちょっとした目標までお金を集めたいと考えていたため、やってみたらすぐに虜になりました。
お金を増やすのに最も良さそうだと思った部分は、なんといっても為替が次にどう動くかを思い描くだけで取引に関する作業はほとんど終わるという点で、あまり難しいことは考えなくても直感による判断で決めることで毎日継続して取引するのが苦にならないからです。

これがバイナリーオプションじゃなかったら銘柄を調べたりエントリー場所からの値幅を大きくすることにこだわったりといったやり方が求められるのでしょうけれど、現時点からの動く方向が合っていれば当たりなので、それほど大それた分析は必要ないと個人的には感じています。
だから取引中に見るのは取引画面のチャートに加えて、指数や商品などが複数同時表示されて便利なWEBで誰でも見れるチャートの動きを見るだけに留めているので、基本的に移動平均線すら表示していないものの動きはなんとなく読み取れるのです。

そもそも今は円安に偏った結果になることが多いような感じがしますし、ニュースで誰でも知れる情報はすでに古くて使えないという投資のジンクスがある今でも円安が優勢みたいなので、短期間で取引が終了するバイナリーオプションでも例外ではなく私はどちらかといえば円安相場で勝てていると思います。
私は他の仕事も平行して行っているから取引に充てる時間が限られているので、家にいて他にすることがないときはチャンスの有無に関係なくできるだけ開催期間は参戦したいと考えていることもあり、レンジっぽい動きでどちらに放たれそうかわからないときは円安方向へ期待して購入しています。

するとバイナリーオプションという短い間でも、トレンドとは呼べなくても動きに偏りが発生してそれが円安側に向かう動きになることが多いと体感的には思うから、絶好のチャンスと呼べるようなトレンド相場を選ばなくてもそこそこ勝率は良いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ