ネット副業をしたい人が2位なんだとか

ネット副業をしたいと考えている人が2位だったんだって。何の話かというと、株式会社もしもというところが行った調査のことで、「個人の働き方の意識と行動調査」というものだったそうなんだけど、2人に1人が働き方を変えようと思っているそうで、働き方を変えるためにしたいことの1位が「転職」で、2位が「ネット副業」ということだったそうなのです。ネット副業ってかなり浸透しているものなのですね。まあ、もしもという会社がドロップシッピングサービスとアフィリエイトを運営している会社ということなので、それも影響しているなんてこともあるのかもしれませんが、そうだとしても、ただの副業ではなく、ネットの副業というところが「へえ~」と思いました。
私にしてみれば、「では、インターネットを利用した副業として、どんなことをやりたいのですか?」ということを聞いてみたいような気がします。どんな副業なら稼ぐことができると考えているのでしょう。『金儲け 副業』って検索すればやりたい副業が出てきますか?いや、違いますね。私が知りたいのは、みんながどんな副業をしたいのかではなくて、儲かる副業は何かということでした。みんながやりたいことが儲かる副業であるとは限りませんからね。とは言っても、必ず儲かると言われている副業があるけれど、私がやってもきっと稼ぐことなんてできないんだろうなって考てしまうんですよ。すっかり自信を喪失してしまっていて、自己評価もかなり低くなっているんですよね。1度や2度の失敗で凹んでいてはいけないということは頭ではわかっているんですが、心が弱いのか、私の場合は再チャレンジができないでいるわけです。だから、必ず儲かる副業というものがあったとしても、それをやる気にはならないわけですよ。たぶん、「また失敗したらどうしよう…」という気持ちがあるからだと思うんですよね。失敗する自分というものを、もうこれ以上見たくないのかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ